受験国語現代文の解き方:ライオンの勉強法

現代文を理解する本質的な勉強方法を解説します。

ライオンの勉強法

受験国語現代文の解き方

現代文を理解する本質的な勉強方法を解説します。

当ブログ公式LINEアカウント友だち追加で小説問題キーワードを集めた『小説単語集100』をプレゼント

おすすめ記事

早稲田大学文化構想学部 過去問 国語 現代文 解答解説 2019【文語文の対策】

早稲田大学文化構想学部国語現代文過去問解答解説2019【文語文の対策】

早稲田大学文化構想学部 過去問 国語 現代文 解答解説 2019【文語文の対策】

早稲田大学文化構想学部は近代文語文が出題される大学の一つです。

 

しかもかなりの長文で出題されるため、受験生にとっては厄介な入試問題となります。

 

今回は2019年の国語大問一の参考に文語文の対策の仕方を見ていきます。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一出題について

出典はAの文章が加藤周一の「明治初期の文体」、Bの文章が明治7年の『百一新論』です。

 

Aの文章とBの文章は無関係なわけではありません。当然関係しています。

 

どのような関係かというと、Aで語られていることの実例として明治初期に書かれたBが出題されているのです。

 

そのため、まずAをしっかりと読み解くことが重要です。

 

Aの文章は加藤周一の論説文から切り出された文章ですが、切り出された部分は元の論説文の中で説明的な役割を果たしている箇所であるため、この入試問題に出題された部分だけで見れば説明文と言えます。

 

説明文は筆者が説明したいことを順を追って書いている文章です。

 

筆者の説明により要素が順番にひとつずつ積みあがっていきますので、見落としが無いように、頭の中で順番にしっかりと積み上げていってください。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問一

空欄補充問題です。解答はそれぞれ次のとおりです。

 

a ホ、b ハ、c ニ、d イ、e ロ

 

空欄はすべて空欄が含まれる段落のテーマを表す語彙が解答となっています。

 

その段落では何について説明されているのか、その段落の話題は何なのかということは説明文であってもしっかりと把握してください。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問二

傍線部1の直前には「要するに」とあります。

 

ですから、傍線部1は直前で説明されていることの要約や言い換えであるはずです。

 

傍線部1の段落には空欄がありませんが、問二も問一と同じように段落のテーマを聞いています。

 

出題形式が異なるだけで、受験生が一つ一つの説明の積み上げをしっかりと追っているか設問で確認していることに変わりはありません。

 

もしこの段落を問一のように空欄補充するとすれば、「大衆の理解」が空欄となるでしょう。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問三

文語が読めているかどうか、現代文訳の問題です。

 

こればっかりは文語が読めなければテクニックでは解けません。

 

答えは二です。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問四

答えはイです。

 

Bの文章は様々な宗教がある中で先生とされる人が「百姓一揆」という同じ名目で読んでいることについて、問答形式で書かれた文章です。

 

先生はすべての宗教が同一であると言っているのではなく、その教えはいずれも「人の人たる道」を説いているのだと言っています。

 

文章Bの始まりから傍線部3が含まれる段落までの間で文章Bのテーマがつかめているかの確認の問題です。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問五

空欄の前後をよく読めば解答できますが、儒教の基礎的な知識を問うている問題かもしれません。

 

儒教は日本史や世界史、倫理などでも入試問題に直結しますし、現代文においても背景知識として必須のものです。

 

答えはヘです。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問六

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、指示語問題です。

 

「その(それ)」の指すものを解答すれば良いのです。

 

傍線部の直前は「教トウフ字ノ意ハ」となっていますが、これは同段落2文目の「マヅ其教ト云フ辞ノ心ハ」と同じですので、続きにある「人ノ人タル道ヲ教フル」が正解です。

 

西洋式の文体である、まず最初の「言葉の定義付け」に関する問題です。

 

早稲田大学文化構想学部2019国語大問一、問七

Aの文章は西洋風の語の定義が議論の前提である文体が日本の文体に影響を与えたという内容、Bの文章は「教」という言葉の意味を定義して議論を始めるという内容です。

 

答えはハです。

 

AとBの文章の関連性を理解しましょう。