受験国語現代文の解き方:ライオンの勉強法

現代文を理解する本質的な勉強方法を解説します。

ライオンの勉強法

受験国語現代文の解き方

現代文を理解する本質的な勉強方法を解説します。

おすすめ記事

【大学受験現代文】小説問題の対策におすすめの参考書・問題集3選

受験小説対策おすすめ参考書問題集

入試問題の小説は対策をすれば劇的に得点アップできる

 

入試の小説問題は共通テスト(旧:センター試験)や文系の多くの大学で取り入れられています。

 

一方で小説の作者本人が答えを間違ったり、見解が割れたりすることがあります。

 

このようなニュースを見ると「小説問題の対策をしても仕方ない」「小説は感情センスが必要」などと考えてしまう受験生も多いです。

 

しかし小説問題は各大学の文学研究をしている教授などによって、研究に即した方法でとてもロジカルに作られています。

 

小説を作者が書き、それを読者として読むという行為と、入試の小説問題を解く行為は全く別のことです。

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

 

kokugo-gendaibun.hatenablog.com

 

 

入試問題の解き方を学んだ後の練習に最適な参考書3選

解き方を頭で理解した後は、しっかり反復トレーニングをすることが必要です。

 

志望大学の過去問を解きたくなるところですが、赤本に代表される過去問の解答解説はあまり充実していないことが多いので、過去問に取り組む前に一度参考書で実力固めをすると良いでしょう。

 

現代文の参考書は評論を扱っているものがほとんどで、小説はあまり数がありませんが、その中でおすすめできる参考書を3つ紹介します。

 

1. 生きる現代文 随筆・小説語句-共通テスト対応 (駿台文庫)

大手予備校である駿台の現代文人気講師である霜栄氏が買いた参考書です。

 

小説や随筆に出てくる語句を学ぶことができます。

 

日常的に小説などを読む人にとっては自然と身についているものが多いと思いますが、不安な人や、小説をあまり読まない人はここから始めましょう。

 

人の気持ちや情景を表す語句には日常会話で使わないものも多いので、ある程度インプットしてから読解を始めた方が良いです。

 

これまでの出題傾向の分析から大学入学共通テストで出題される可能性の高い語句が並んでいますので、共通テスト受験生には特におすすめです。

 

 

 

 

2. 大学入試 全レベル問題集 現代文 2 共通テストレベル 

小説に特化した問題集ではありませんが、小説問題が6題と他の問題集に比較すると多く含まれています。

 

大学入学共通テストの前身となるセンター試験対策を元にした問題集ですが、旧センター試験の小説問題はオーソドックスに作られているので、読解方法を学んだ後の勉強に最適です。

 

この問題集はレベル別のシリーズとなっていて、全部で6段階あります。

 

1が基礎レベル、 ここでご紹介している2が共通テストレベル、3が私大標準レベル、4が私大上位レベル、5が私大最難関レベル、最上位の6が国公立大レベルとなっていますので、志望校に合わせて上位レベルも使用してみてください。

 

ただし、小説に限ると、他のレベルでは2題だったり、小説が無かったりします。

 

そのため、解き方が慣れてきたら志望校の過去問に挑戦することもおすすめです。

  

3. 当ブログで現在作成中です!

手前味噌で恐縮なのですが、正直小説については良い参考書や問題集があまりありません。

 

そこでこのブログで作っていこうと思っています。

 

完成したらお知らせいたします。